本サイトはプロモーションを含んでおります。

熊の冬眠の仕組みは?冬眠でなぜ死なない?【脅威のメカニズム】

当ページのリンクには広告が含まれています。

熊の冬眠の仕組み(メカニズム)や冬眠中に、飲まず食わずで、なぜ死なないか?なぜ生きていれるか気になりますよね。

のぞむ

実は、熊は脅威のメカニズム!驚くべき方法で寒い季節を乗り越えています。

この記事では、「熊の冬眠の仕組み(メカニズム)は?」「冬眠中の熊は、なぜ死なない?なぜ食事をとらないで生きていれるか」について、まとめました。

【この記事でわかること!】
◻︎ 熊の冬眠の仕組み(メカニズム)
◻︎ 冬眠で熊はなぜ死なない?冬眠中に食事をとらないでなぜ生きていれるの

この記事を読むと、
熊の冬眠の仕組みを知り熊の生態について学んで、街中で熊に遭遇して被害に遭わないように、対策を考えることになり、熊との安全な共存を考える機会にもなっていくと思います。

かなえ

熊被害がなくなれば良いね。

目次

熊の冬眠の仕組み(メカニズム)は?

冬眠中の熊の体の変化には変化が起こります。冬になり熊の食べ物がなくなり、その状態で春まで生きていかなければなりません。

熊の冬眠の仕組み(メカニズム)は?体温と心拍数の低下

冬眠中には、熊の体温と心拍数(心が一分間に何回たたくか)が下がります。それだけでなく、呼吸数の低下も起こります。

体温・呼吸数・心拍数の低下という熊の体内で起こる体内変化については、エネルギーを無駄にしないようにするための熊の冬眠の仕組み(メカニズム)になります。

※参考文献
Biome(バイオーム)/  単に眠っている訳じゃない。冬眠ってどんな状態なの?
https://biome.co.jp/biome_blog_049/#i

かなえ

熊は、普段は心臓が「バクバク」とたたいているけれど、冬眠中は「ゆっくり」になるんですね。

熊は冬眠でなぜ死なない?

冬眠中に、食事をとらないでなぜ生きていれるの?

熊は冬眠でなぜ死なない?冬眠で食事を取らないで生きている理由

冬眠中の熊は、体に溜めた脂肪をエネルギーとして、生きています。

夏や秋にたくさん食べて脂肪を溜めておくことで、冬を乗り越える準備をしているのです。

この脂肪が燃焼することで、体は必要な栄養を得て生き続けられるんですね。

のぞむ

ちょうど、貯金をしておいて何かあった時に使うような感じですね。

このように、熊は冬眠をすることでいろいろな工夫をして、厳しい冬を乗り越えています。

自然界ではとても賢い方法で生き物たちが生き残っているんですね。

かなえ

それでは次に、厳しい冬を生きるため乗り切る脂肪の蓄える方を見てみましょう!

熊が冬眠で死なない?(冬眠で生きている理由):冬眠に入るステップ

熊が冬眠に入るまでには、ちゃんとした準備が必要です。それが何か見ていきましょう!

熊が冬眠に適した状態になるために、体をしっかりと準備します。

それは、まるで大切な試験前にしっかり勉強をするようなものです。

熊は体重を増やし、体調を最高の状態にして冬眠に備えます。

例えば、秋になると熊はたくさん食べて体重を増やします。これが冬眠のエネルギー源になるんです。

熊が冬眠で死なない?(冬眠で生きている理由):冬眠前の熊の食事

冬眠前の食事は、熊にとってとても大切です。この食事で蓄えたエネルギーが、冬眠中の生命線になるんです。

通常、木の実などをたくさん食べます。北海道にいるヒグマは鮭も食べるそうです。

冬眠前にたくさん食べて、これで体内に脂肪を蓄えて、そのエネルギーを使いながら、食物のない冬も生きていくます。

熊が冬眠で死なない?(冬眠で生きている理由):冬眠中のトイレはどうするの?

冬眠中は、食べ物も食べませんが、トイレ【排泄(はいせつ)・排尿(はいにょう)】もしません。尿を出さずに体内で吸収して栄養とする機能が備わっているとのことです。

※参考文献
Biome(バイオーム) /  単に眠っている訳じゃない。冬眠ってどんな状態なの?
https://biome.co.jp/biome_blog_049/#i

熊の冬眠の仕組み(脅威のメカニズム)は?冬眠でなぜ死なない?冬眠で生きていられる理由まとめ

熊の冬眠の仕組み(脅威のメカニズム)は?

熊は冬眠を乗り切るため、体を変化させ、エネルギーを効率的に使い、春まで過ごしています。

熊は冬眠でなぜ死なない?冬眠中なぜ生きていられるの?

熊は、冬眠に入る前に、エネルギーを蓄え、そのエネルギーを使い冬を乗り越え生き延びます。

【最後に】

熊と人間が安全に共存していけたら良いですね。

餌の少ない年には、市街地まで来て熊に遭遇してしまう恐れもあります。

そうならないように、考える必要もありますね。

のぞむ

こちらの関連記事もあるよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽に!

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません。(スパム対策 ) ><

目次